フリーローン

フリーローンと一般のローンの違い

フリーローンは、カードローンサービスの一種です。

 

一般のカードローンは、使用目的が決まっており、目的を達成する為の資金の調達に使用します。

 

フリーローンというものは、その中でも使用目的問わずに利用できる便利なサービスとなっております。

 

その代わり一般のカードローンに比べ、利息が高めとなっており、融資可能額も少額となっています。

 

大体50万以下くらいの借入の際に利用します。

 

それ以上の借入の場合は、何らかの目的が無いと利用する機会は無いからです。

 

 

例えば、車の購入や、家に関する費用、あとは起業の為の資金や、おまとめ返済といったものとなります。

 

おまとめ返済については、専用のローンサービスがありますが、かなり条件は厳しいようです。

 

借入した際は、完済するまで、借入が一切できない場合も多いようです。

 

また、おまとめ返済が出来るものとできないものがあり、消費者金融等で借入しているキャッシングサービスの返済に対しては適用するものの、クレジットカードのショッピング枠の利用分はおまとめ返済が出来ないとなっております。

 

とにかく種別問わずに借金をまとめたいという方は、フリーローンやフリーキャッシングを利用する事となります。

 

いわば、フリーローンは、目的別ローンをはじめ、他のローンサービスで利用できない場合に利用する借入サービスとも言えます。

 

使用目的を問わない分、規制が出来ない為、融資可能額を低めに設定する事で、融資を受ける側、融資をする企業側ともリスクを最低限に抑える事ができるようです。